どきどき。

体重測定。

毎日朝晩測ってはいるのですが、

お盆があったり、月のサイクルが巡ってきたりで、なかなか「減った!」というところまではいきませんでした。

一瞬でも、先に進めた日があるとよかったんですけどね。

現状維持できてたら・・・という感じです。

などと言って自分を甘やかしてはいけないなですが。あうああ。

広告

がんばれ~

体重のお話<がんばれ。
先日、ぼそっと、「大台を切った」とつぶやきましたが、
今度の目標は、そこからマイナス1㎏。
このところ、朝一の体重測定では大台を切っているものの、
寝る前にはあれ?戻っている?という状態でした。

そしたら、今朝は大台マイナス2㎏台に到達。
このまま、夜まで大台を切った状態を維持できれば何とかなるかな、と。
で、現在、何とか切っております。
この後入浴して、最終的にどうなるのかわかりませんが、
頑張ろうか、と思います。

ちなみに、マイナス2㎏のタイムリミットは1週間後。
ぼちぼちと行こうと思います。

進路あれこれ。

自分が高校生の頃を思い出してみる。

私は基本的に自分は「文系」だと思っていたのだけど、
「文系」と堂々と言うには「英語」と「社会」が壊滅的に悪い。
かといって、理系なのか?というと、数学のセンスが皆無・・・。

私立文系に進む選択肢があれば、(英語はともかく)社会は何とかしようと思ったかもしれないが、
私にはその選択肢が許されていなかったこともあり、悩んだ末に、比較的得意と言える「国語」と「生物(理科、とは言わない・・・その他の理科分野は全くダメ)」で受験できる学部、という事で、
「なんちゃって理系」的な、家政系に進路を決めた経緯がある。
実際、国公立文系を選択していると、家政系は受験可能なところが多い。
かといって、「どっぷり文系」ではなく、学校では化学も生物も必要なので、理系も必要だったり。
・・・で、高校3年生の時のクラスは「国私混合文系クラス」だった。

現在、高校生の我が娘。
文系センスもある気がするが、彼女は最初から「自分は理系」と言っていて、
2年生の時点で理系クラス、しかも物理系理系クラス。
・・・ちなみに、私に似てしまったのか、英語はあかんらしいが・・・。
誰に似たんやろな、理系・・・。
ただ、理系科目についてもまだ発展途上らしく、目標のためには数をこなさなければならないらしいが。
しかし、私は、基礎からわからないので、ただただすげー、と思っていたりする。

出会った人たち。

五十路も近くなってくると、これまでの人生で出会った人はそれなりに多くなってきます。

基本的に、よほどのことがない限り、自分にかかわってくれた人を嫌いにならないですし、
出来ることならば、いつまでもつながっていたい、と思っています。

ただ、過去にご縁があった人に再度で会える機会があっても、
こちらから積極的にアピールできなかったり。

自分に自信がないこともありますし、こちらが好意を持っていても、
相手も同じように好意を持ってくれているかはわからない、というところが大きいです。

相手との距離感を取るのが下手だったり、距離感がおかしかったりで、
「嫌いじゃないけど」と引かれてしまったことも、何度かあったり。

上手く距離が取れない自分に情けなくなったり、
そのために疎遠になってしまった人の存在を思い出しては苦しくなったりもするのですが、
そういう思いはこの先もずっと持ちながら、多分、一生の課題と思いながら
生きて死んでいくのだと思います。

上手く距離が取れなくても、疎遠になってしまっても、
私にかかわってくれた人の存在を大切に思いながら、
私にかかわってくれた人の幸せを祈りながら、
日々暮らしていけたら、と思います。

様々なご縁に感謝しながら。

合格。

所属する書道会の師範試験、合格しました。教範試験は単位制で、再試験の場合は未修のもので合格点を取れば良いのですが、師範試験は不合格ならばもう一度全課題をクリアする必要があります。

ただ、全体で合格点に到達すれば良いので、苦手なものがあっても、それを補えるものがあれば合格します。

とはいうものの、得意分野がない私は何にせよ全科目がんばる必要があります。

おおまかには、一つの課題が10点満点で8点が合格ライン、とのこと。

課題は、楷書、行書、草書、かな、自運、理論の六つでしたが、結果を見たら、理論以外はそれぞれ3項目の評価になってました。

8点に満たないところもいくつかあり、平均するとぎりぎり8点に足りないくらいでしたが、全体合格点に辛うじて引っかかっての合格となりました。

んで、通知を見て力が抜けたのですが、入っていた書類を読んでいたら、今月〆切の課題から、新しい階級で課題を書いてください、とのこと。

・・・。硬筆の課題、今までの階級だと、今月は「楷書」で提出だったのが、急遽「行書または草書」に。

今、慌てて書き直しをしております。ううう、今月はもう硬筆の課題、終わったと思ってたんですが、〆切まで足掻くことになりそうです。まだ、毛筆の課題、終わってないんたけどな。

実技課題。

ょっと前に、毛筆コンクールの作品をやってた、と思ったら新たな課題です。

一年に一度ある、書道会の師範試験です。

硬筆の方は数年前から受験資格はクリアしていたのですが、毛筆の方をなんとかしてから、という思いがあり、今年の試験が初挑戦となりました。

何年か前に、師匠から師範試験の理論問題を見せてもらっていて、それに使えそうな参考書は買ってあったのですが、具体的な実技課題を知ったのは、去年の春。

で、年明けの毛筆コンクールと並行して準備していたものが、画像のもの。

B4サイズの紙につけペン+黒で自由に書く、という課題です。

ここ数年は硬筆コンクールのために自由課題は書いていたのですが、この大きさは初めて。

題材を決めて、おおよその形を作って、師匠からアドバイスをもらい、書き直し・・・。

楷書で書いたらいいのか、行草書がいいのか、自運のまんまがいいのか、それではだめなのか、試行錯誤しまくりましたが、最終的に楷書を基本にしたものになりました。

で、書いてみて、落款を押したら、その大きさが気になって、もう一度書き直し。

まだまだ気になるところはありますが、15日に本部必着なので、今朝、速達で出してきました。

これ以外にも、楷書、行書、草書の規定課題、かなの創作課題、レポート、硬筆書写検定2級程度の理論問題がありましたが、師匠に指導してもらいながら、なんとか終わりました。・・・実はレポートは、直前になって「題名と自分の名前を入れていない」ことに気づき、慌てて書き直しました。

もう、自分の手を離れたので、また日常が戻ってまいります。新しい月例課題も始まります。結果を待ちつつ、日々の稽古に戻ります。